2017年4月3日月曜日

弁護士,裁判官,司法試験合格者 等の人物検索

法情報検索 各論 5 人物検索 1

司法試験合格者
司法修習修了者
および
検事二級( 東京地方検察庁検事 )
判事補の任官者
問い合わせが多くあります。

それらについて
無料 の 官報閲覧サービス
検索する場合は
官報 インターネット版 - 国立印刷局
官報検索! - 官報を全文検索できる無料サービス
などのWebサイトがありますが
閲覧ができるのは
直近30日間分 のみですので
公表時期を見計らって
検索するとよいでしょう。

“近年の概ねの”
公表時期は次の通りです。


● 司法試験合格者
概ね
9月末から10月初めに公表。


● 司法修習生の修習を終えた者
概ね
1月初旬から中旬に公表。


● 判事補任命
概ね
1月中旬に公表。


● 検事二級
( 東京地方検察庁検事 )任命

概ね
12月末から1月初めに公表。



有料の
「 官報情報検索サービス 」 ならば
日付を設定して
検索キーワードに
姓名を入力するなど
といった
検索方法があります。

ただし
テキストページでの検索 では
旧字,異体字,簡体字 等で
登録されている姓名の方の場合
文字が反映されず
姓名を入力しても
検索できない場合がありますので
頭に入れておいてください。


オーソドックスな調査法
官報本紙 を官報販売所で購入するか
図書館 を利用して
官報本紙 に当たるか
「 官報情報検索サービス 」
契約があれば
そちらを利用するとよいでしょう。


国家試験合格者 について
官報公告される試験 については
法令にその旨の記載 がされています。
例えば
司法試験法施行規則 第6条
弁理士法施行規則 第11条
税理士法施行規則 第7条
など
には
氏名を官報で公告 とあります。
また
社会保険労務士法施行規則 第8条
情報処理の促進に関する法律施行規則
第8条2項 など
では
受験番号を官報に公告( 公示 ) とあります。


弁護士登録の有無 については
官報ではなく
日本弁護士連合会の弁護士検索
『 弁護士情報提供サービス ひまわりサーチ 』
にて確認してください。

▲ 弁護士情報提供サービス
- ひまわりサーチ( 日本弁護士連合会 )

https://www.bengoshikai.jp/

【 注: □ = スペース 】
★ Googleからの入力は
Google > 弁護士検索 □ ひまわり


裁判官の検索 については
次のサイトから
裁判官名,所属,異動履歴
その他に
退官した裁判官 についても
検索ができますので
ご案内します。

▲ 裁判官検索 - e-hoki
( 新日本法規出版株式会社 )

http://www.e-hoki.com/judge/index.html

★ Googleからの入力は
Google > 裁判官検索

新日本法規が運営する
法律や税務・会計に関わる
ニュースやコラム
専門職会や官公庁の公開情報等の
コンテンツからなる
法律ポータルサイトです。
( 一部有料 )
「 お役立ち情報 」 として
「 裁判官検索 」 のほかに
「 法曹界人事 」
「 弁護士タウン( 弁護士検索 ) 」
「 税理士タウン( 税理士検索 ) 」
などのリンクあります。

「 法曹界人事 」では
共同通信社 提供 による
過去 約6か月間の
法務省 および 最高裁判所
人事異動 の情報が掲載されています。

「 弁護士タウン ( 弁護士検索 ) 」
および
「 税理士タウン ( 税理士検索 )) 」
については
弁護士や税理士の
細かいプロフィールや
所属事務所サイトへの
リンクが貼られています。

掲載は
このタウンに登録している
弁護士や税理士の情報のみです。

e-hoki
トップページはこちらです。

http://www.e-hoki.com/index.html

そのほか
司法書士,弁理士,税理士 等の
登録についての検索

Link【立法関係,官報,弁護士等,試験,大学院,求人 等】
- 弁護士・裁判官 等 検索

リンクを張りましたので
そちらもご利用ください。


冊子体 で探す場合は
弁護士であれば
法律新聞社で出版している
『 全国弁護士大観 』
裁判官であれば
公人社で出版している
『 全裁判官経歴総覧 』
定番でしょう。

ただし
『 全国弁護士大観 』
現在も出版( 2017.3.25 時点 )
( 最新版は 第18版 2016.10 発行 )
されていますが
『 全裁判官経歴総覧 』
2010年の第5版
『 全裁判官経歴総覧 期別異動一覧編 』
最後に出版が止まっています。

なお,
『 全裁判官経歴総覧 』
1998年の第3版 では
第1分冊
「 期別異動一覧編 」
第2分冊
「 関与判例・著作編 」
2分冊になっていましたが
第4版と第5版 では
「 期別異動一覧編 」のみ
出版されています。


最後に
裁判官の人物評が発刊当時
話題を呼んだ
『 裁判官 Who's Who 東京地裁・高裁編 』
紹介しましょう。

内容は
多数の弁護士や
訴訟担当者が
東京高裁・地裁の裁判官115人に
対する人物評をしたものです。

各裁判官の経歴
主な担当事件と法廷でのエピソードが
辛口に評されていて
裁判官の個性が
この本で浮き彫りになっています。

プロ野球でも
審判によっては
「 低めをとらない 」など
審判を知ることで
勝つ戦術を練ったりもするでしょう。

裁判も同様に
人が裁いているので
裁判官を知ることは
戦いに勝つ要素だと思います。
その意味では
参考になるでしょう―。

このシリーズは
『 東京地裁・高裁編 』
続編の
『 首都圏編 』
2冊が出版されたのみで
以後続刊がないのが残念です。

なお
この本の編著者である
池添徳明 氏が
弁護士や市民活動家などに
インタビューを行い
有名事件の裁判長の
人となりに迫った,
『 裁判官の品格 』

その他に
元・裁判官の著書として

渋川満 著
『 裁判官の理想像 』

木谷明 著
聞き手
山田隆司・喜多山宗 編
『「無罪」を見抜く- 裁判官・木谷明の生き方 』

合わせて紹介しておきましょう。


◇ 裁判官Who’s Who (東京地裁・高裁編)
- 池添徳明+『裁判官Who’s Who』刊行委員会 (編集)
- 現代人文社 2002


◇ 裁判官Who’s Who (首都圏編)
- 池添徳明+『裁判官Who’s Who』刊行委員会 (編集)
- 現代人文社 2004


◇ 裁判官の品格
- 池添徳明 著
- 現代人文社 2013


◇ 裁判官の理想像
- 渋川満 著
- 日本評論社 2016


◇ 「無罪」を見抜く- 裁判官・木谷明の生き方
- 木谷明 著,聞き手 山田隆司・喜多山宗 編
- 岩波書店 2013



以上

読んでいただき
ありがとうごうざいました。



0 件のコメント:

コメントを投稿