自己紹介

動物関係,本,映画など 趣味の雑記
★ えかきのまどや 雑記帳 ★
よろしくお願いします。
http://agentaki007.hatenablog.com/


最初に就職した会社は
大手建設機器メーカーで
物流機器の整備及び営業の職に就き
主に中小企業のユーザーを
担当していました。

中小企業とはいっても
ハイレベルで
小説の『 下町ロケット 』のような
企業も多くあって
そこの社長の話を
色々と聴いているうちに
勉強に意欲が湧き
一念発起して大学を受験し
社会人入学しました。

業務上必須である
自動車整備士や溶接など
自動車整備関連の資格を
多く取得していて
そちらの知識があるのに
なぜ
工学部でなく
法学部を受験したのか?
と,受験の時に
面接でもお尋ねがありました。

理由は
仕事上での契約や売掛金の回収
交通事故などで
法律知識の必要性を痛感したこと。

それも含めて
社会人になると
色々な方々と出会って

そのプロフェッショナルさに
感服したり。

色々な業界から情報を得ることで
啓発されたり

業績を上げるための戦略を練ったり

トラブルに巻き込まれたり・・・と

色々ありますよね。

だから勉強して
自己防衛したり
自己啓発しないと。
と,思ったわけです。

で,法律を勉強するからには
目標は
学士ではなく
弁護士だと思って勉強に励みました。


大学では
法律(解釈)論を学ぶだけなので
社会人の経験から
これだけやっていても
実務で使えない。
「 象牙の塔 」に籠るだけだと感じ
卒業要件の単位を
3年次で修了させ
あとは実務に集中。


法務や登記,調査,交渉
といった
実務経験を積みました。

しかし
人生は計画通りにはいかず

旧司法試験にて
短答試験には通ったものの

右手が徐々に利かなくなり
名前すら書けなくなってしまったので
病院を転々として

最終的に
大学病院にて脳の手術を行い
その後は
リハビリ生活を余儀なくされました。


医療費もこれがまた
結構かかるんですよ・・・。

これは
神のお告げと思って
司法試験受験は辞めました。

というか
医師からも
また同じ症状が起こったら
次は同じような手術はできない。
と釘を刺されていますので・・・。


その後は
図書館司書の職に就き
公共や大学等の図書館に勤務。

公共図書館では
レファレンスサービス担当などの
業務に就き
今までとは
全く関係ない分野の質問を受けたりと
最初は苦労しましたよ。

特に
自分がレファレンスカウンターに
いるときは
法律関係の質問なんかは無く

古い住宅地図などや地域史といった
地域資料関係はもちろんのこと
その他に
ライトノベル関係とか
詩歌や漢詩の質問なんかが多かった
気がします。

苦手分野の質問が集中する
マーフィーの法則ってやつですね。

でも,やっていると
不思議とラノベ読もうか
という気になるんですよね。

ラノベについては
今は色々と模索してます。

『 憲法ガール 』などに
見られるように
ラノベのポテンシャルって
高いですよね。

それらも含め
公共,大学図書館の司書業務では
図書館資料や情報検索についての
研鑽を積みました。

専門かつ得意分野は
法律,調査術,図書館学,動物研究
といったところです。

また
怪獣・特撮モノ,時代劇,西部劇などの映画,
東京の私鉄史,相撲,講談にも
造詣が深いです。

これらの知識は
今までは無駄な知識といわれてましたが
図書館のレファレンスサービスには
非常に役に立ちました。

それと
自分自身が奇病に見舞われ
結局,医者を転々としても
なかなか解決しなかったので
自ら
医学・薬学の専門書や
データベース,Webサイト等で
調べるしかなかったため
これらの知識については
かなりつきました。


今の関心事のひとつは

自分自身のライフワークとして
仏教学から法システムを
考察していきたいと考えています。

また
人間も動物である以上
動物の行動や社会生活から
人間社会のシステムについて
考えていきたいと思っています。


でも,法律関係の仕事に
就くつもりはもうないと
思っていましたが
映画の
『 猿の惑星シリーズ 』 の
ストーリー展開のごとく
“ ぐるっと回って元に戻る。”
といった人生になっているので
この先もどうなるのか
わからないですよね。

それから
今はフリーランスなので
必要に迫られるため
税法や社会保険関係の勉強も
しなければならないのでね。


趣味の
動物園・水族館めぐりは
息抜きに丁度よく
動物の行動観察は
新たな発見があり
考えのヒントになっています。


司法試験受験生などで
仮に
アクシデントで
受験が不可能になったり
5回受けて合格に届かなくても

今まで学んだ事や経験した事を生かして
できることは
たくさんあると思います。

挑戦中の方は
是非,合格を目指してください。


以上
こんな感じです。
どうぞよろしくお願いします。



0 件のコメント:

コメントを投稿